トイレの落書き

10325550_690423764352865_2598395195128766147_n

とある7階建てビルの企業がありました
 
各階に社員用のトイレがあるのですが
落書きをする社員がおりトイレはいつも落書きで汚されていました

社長は社員達に落書きをしないよう注意しますが効果はありません
そのうちに社長も諦めてしまいました

ところがそれでも諦めない人がいました

それはトイレ掃除のおばさんです

おばさんは小さな紙にある「 お願い状 」を書きそれをすべてのトイレの入り口に貼りました
 
するとなんと「 紙 」を貼った日から 一切の落書きが消え去ったのです!
 
その報告を受け 驚いた社長が「 一体どうやったのか? 」と思い社員用トイレを見にいくと入り口に小さな紙が貼られておりこう書かれていました

 「 ここは私の大切な職場です
この職場を落書きで汚さないで下さい!! 」
 
おばさんはこう話しました
 
「 トイレ掃除はたいした仕事ではないと思ったらたいした「 仕事 」では無くなります
でも トイレ掃除は私のとても大切な仕事なのだと思えば 素晴らしい重要な仕事になります 」
 
社長はそのとき初めて気付かされました
 「 仕事は肩書きじゃない与えられた役割・仕事をどんな姿勢でやっているかそういう心がけが大切なんだ
思いを変えることによって職場を変える事ができるのだ 」と
 
3K(危険・汚い・キツイ)と言う言葉があります
 
本人が3Kと思ったらそこは3Kの職場になります
 
しかし…「 私にとってはここが大切な職場なんだ 」
と思ったなら…どんな職場だって素晴らしい仕事場になるのです

要は 自分の心がけを変えることが出来る強さを持っているかどうかの「 問題 」なのです
  
出典:「 心ゆたかに生きる 」

講話:「 林覚乗さん 」

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

すごい話です。
誰もが考えらさせられます…

私自身も自分がなんてちっぽけなんだろうって


*いつも応援ありがとうございます にほんブログ村 企業ブログ 運輸業へ
この記事のカテゴリー SHUUEI便り. Bookmark the permalink.